姫路 梅ヶ枝町

姫路市は、天下の【国宝】【世界遺産】「姫路城」をいただく由緒ただしき町です。
また播磨地方の中心都市でもあります。駅前は目下JRの高架工事と再開発が進められています。
近代に於いては、帝国陸軍の第十師団司令部が設置され、この野里・梅ヶ枝町地区あった模様です。
軍隊との因果関係は存じ上げませんが、海軍の港町であれ、不思議と遊郭が多いのは事実であります。
その他、寺社・門前町など、その様な事も検証してみると、“レッドライン”探索も面白いかもしれませんね。

では、ご覧くださいませ。

 

梅ヶ枝町へは、鉄道の最寄り駅は「播但線野里駅」。神姫バスでは「梅ヶ枝町バス停」、または「大小路バス停」が便利です。

 

梅ヶ枝町バス停付近は“レッドライン”にありがちな、煤けた建物が多く点在しています。
左は昔の名残か、“呑んベー横丁”みたいな一角。右の「八木旅館」は、地元が発行しているガイドマップにも紹介されています。

 

 

徒歩すぐのところに船場川が流れる。この川は姫路城の外側を沿って姫路駅の西側へと流れゆく。

 

 

一方、大小路バス停付近は、少し南へゆくとカラーブロック舗装はされているものの、典型的な“レトロタウン”にありがちな商店街が健在。ずっと南まで続いており相当長い道のり。昔の問屋街といった趣だろうか。流石城下町だ。

 

お風呂屋さん「別府温泉」も健在だったのがうれしい。まだ昼間だったので開店前。玄関で縄の足拭きを天日干ししていました。

  

再び商店街から北の方角へ向かうと、どうもそれ相応の建物が見えてきました。まだ何軒か残っているみたいです。

 

これは大店だったのではないかと思わせる造り。既に廃墟っぽいが状態は比較的良い。

 

細部を見ると、灯篭かな?あるお家では玄関には装飾が残っていました。

この界隈は、残った数は決して多くありませんが、なかなか見ごたえのある町並みだと感じ取れました。

お付き合いいただきまして誠に有難うございました。

レッドゾ〜ンへ

無限回廊トップページへ