東京都新宿区 神楽坂

神楽坂は元々江戸城のお壕の坂だった所で、
武家屋敷などが立ち並び、純粋な花街というわけではありませんでしたが、
明治以降は夜店が進出して花柳界が隆盛し、料亭などに芸者衆の出入りが頻繁だったほど活況を呈していたそうです。
その頃にできた坂道が今もなお雰囲気を残し、老朽化した建物も昔の佇まいを残しつつ、粋な飲食店などに再利用されています。

それでは、拙い写真ばかりでは御座いますが、どうぞごゆるりとご覧くださいませ。

東京メトロ(旧営団地下鉄)東西線神楽坂駅。
ここからとなりの飯田橋まで歩を進めて参りましょう。ちょうど坂を下ってゆくコースとなります。

新宿区とはいえ、旧牛込区内は昔の佇まいを残している住宅街でもあります。

第三玉の湯というお風呂屋さんもありました。神楽坂の顔、毘沙門天です。

よくこれだけの状態を保っていることに敬意を表します。

石畳の細い路地が神楽坂の魅力。

自転車も通れない階段状の坂が神楽坂の醍醐味。

 

まさに都会の喧騒から離れ、隠れ家的な神楽坂の旅館街。ひっそりとした佇まいに愛好者も多いと聞き及びます。

                                 神楽坂 後編