昭和51年(1976)に廃止になった、名古屋鉄道旧瀬戸線土居下〜大津橋〜堀川間の現在の風景です。

↑土居下〜大津橋間の久屋橋付近にあった半径60bの急カーブ跡。(中央から左下にかけての木の茂み真横に沿って)

↑大津橋駅東にある大津橋。橋の盛り土、レンガが残る。ガードは複線分の用地がある。(橋下はフェンスで覆われています)

↑かつての特急(急行)の終着駅ターミナル。大津橋駅跡。ホーム跡は少し盛り土が盛り上がっています。
↑(青いビニールは時節柄、無給生活者の方のお住まいみたい…)

↑廃線から25年を経た現在でも今なお残る大津橋駅の階段および手すり。
↑(無給生活者の方の館への出入口として、ある意味現役かも!?)

↑(左)大津橋駅ホーム跡でもう二度と来る事のない列車を待つ仕草をし、黄昏にふける筆者。
↑(右)大津橋駅へ降りる階段にて腰を下ろし、くつろぐ筆者。こんな所で記念撮影するのは筆者が初めてかも!?

↑本町駅西の本町橋下にあった「ガントレット(狭窄[きょうさく]軌道)」跡。用地が単線分しか無いのがよくわかります。
↑それにしてもこんな大名古屋のド真ん中に昭和50年代までよく残りましたね。そして今なお重厚な遺物が…

↑御園橋近くの御園御門跡付近にて。もろに名古屋城のお壕(外壕)の中を走っていたのが垣間見れる。

↑終点堀川駅跡。現在は駐車場となっている。左側、お壕横の舗装の盛り上がり部分が旧貨物ホームだったらしい。
↑反対側に微かに盛り上がってる部分が駅舎と旅客ホームがあった所です。
↑この駅からすぐ西を流れる堀川に物資を運び、名古屋港へ送り届けるのでした・・・。 
  〜この項お仕舞い。最後まで見てくれてありがd〜

トワイライトゾーンへ

ホームページindexに戻る